アーキテクチュアルフィルム

防犯対策タイプ

破りにくい窓ガラスで
侵入を諦めさせる工夫を

近年、住宅などへの侵入犯罪はますます深刻化してきており、またその手口も悪質で多様なものとなりつつあります。
防犯対策フィルムを窓ガラス全面に施工することで、ガラス開口部の破壊・貫通を大幅に遅らせ、建物の防犯対策に大きく貢献します。

Reference Data

参考データ

侵入の手口として、鍵の掛け忘れの次に大きな割合を占めるのが、窓ガラス破りによる侵入です。ただし、侵入に5分以上掛かると約7割が諦めるとされています。
そのため防犯対策には窓ガラスを簡単に破らせずに、侵入を遅らせることが重要です。

Feature

こじ破りを想定した
クレセント破壊試験(社内評価)

侵入の手口の一つである、こじ破りを想定したクレセント破壊試験で、破壊、侵入するまで5分以上の時間を要しました。

■試験方法
カギ付きクレセント部分と補助錠を想定した箇所の「こじ破り」のトータル時間を測定
■使用道具
ドライバー、カッター

Feature

打ち破りを想定した
落球試験

打ち破りを想定した試験で、鋼球を1,500mm、3,000mmの高さから3回連続で落下させても貫通は見られませんでした。

■実験方法 EN356に準拠
■使用鋼球 直径:100mm、重さ:約4.11kg
■落下方法 中心付近に一辺130mmの正三角形の頂点に鋼球を落下させる
■試験体大きさ 900mm×1100mm

Feature

防犯性能の高い
建物部品

警察庁での官民合同会議による「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載・公表された製品です。下記条件に基づき施工した防犯対策フィルムに、防犯性能の高い建物部品であることの証である「CPマーク」を貼付することができます。ただし、防犯性能はガラス開口部からの侵入時間を遅らせる効果であり、侵入しないことを保証するものではありません。
1561UH-Fは、FL3+空気層+FL3の複層ガラスの全面に貼付し、下記条件を満たせば、CPマークが貼付可能となりました。

CPマーク

CPマークとは、防犯性能の高い建物部品につけられるマークのことです。CPとは、「CrimePrevention」の頭文字で、防犯を意味します。CPマークは、警察庁・国土交通省・経済産業省と民間関係団体で構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。

Find Your Product

1561UH

  • 防犯対策

防犯対策フィルム。強力な耐貫通性と耐衝撃性を有する375µmタイプ

製品幅(mm) x 巻き(m):
970 x 20 | 1,250 x 20

特徴

  • 飛散防止
  • UVカット
  • 防虫効果
  • 日射調整
  • 電磁波シールド
  • ハードコート

1561UH-F

  • 防犯対策

防犯対策フィルム。フィルム強度と柔らかさを両立させ、水抜き性を向上

製品幅(mm) x 巻き(m):
970 x 20 | 1,250 x 20 | 1,550 x 20

特徴

  • 飛散防止
  • UVカット
  • 防虫効果
  • 日射調整
  • 電磁波シールド
  • ハードコート