ビジョンコントロールフィルム

Vision Control Films

視界を制御し
プライバシーと眺望を両立

透明なガラスに貼ることで、見る角度によって透明に見えたり、すりガラス状に見えたりする機能をもったウインドーフィルムです。不透明角度の異なる4タイプをラインアップし、目的に合わせてお選びいただけます。

  • 飛散防止

    地震などの災害や飛来物の衝突により窓ガラスが割れた際に破片の飛散を低減し、二次災害の対策にも有効です。JIS A 5759(ショットバッグ試験、層間変位試験)のガラス飛散防止効果を満たします。

  • 紫外線カット

    人体に有害な紫外線を99%以上カットし、カーテンや家具などの室内調度品の退色防止に役立ちます。

  • 防虫効果

    蛍光灯などの室内照明に誘引される飛翔昆虫を低減させる効果があります。

  • ハードコート

    フィルム表面に耐摩耗性の高い特殊コーティング層を施しているので、施工や清掃などによる“擦り傷”低減に役立ちます。

  • 視界制御

    見る角度によって透明に見えたり、すりガラス状に見え、視界をコントロールする効果があります。「プライバシーの保護」と「眺望の確保」といった、相反する問題を解決できます。

Feature

視界をコントロールできる
ウインコス独自の技術

ビジョンコントロールフィルムは、ガラスが持つ透明感や採光性を損なうことなく、不要な部分の視界をカットするため、窓ガラス本来の機能や景観を保ちつつ、プライバシー保護に貢献します。
また、ガラス飛散防止効果および紫外線カット効果も兼ね備えており、オフィスや店舗、一般住宅の窓ガラス、扉、パーティションなどに最適です。

    上下方向の視界を制御した施工例

    Y-2555が貼られた窓ガラスの約50cm手前にたった場合

    左右方向の視界を制御した施工例

    Y-2555が貼られた窓ガラスの正面をみた場合と斜め右方向をみた場合

Product Type

製品ラインアップと
施工イメージ

「X-1515(正面不透明)」「Y-2555(一方向不透明)」「Z-2555(両方向不透明)」「W-0055(一方向不透明)」の4品種をラインアップ。
左方向・右方向それぞれの方向に視界を制御します(縦に使う場合は上下方向に視界を制御)。

Find Your Product